Python

Django1.10以降のDeferredAttributeとフィールドへのアクセス

Djangoのモデルクラスにフィールドやメソッドを定義しておいて、さらに属性値を代入していて、この値を取得するコードを書く場合。 メソッドのほうはgetattrでとればいいのだけど、同様にDjangoのフィールドのほうはget_fieldでフィールドを取得しないといけ…

API.AIのコンテキストを使ってChatOps環境を作る

API.AIのContextsとWebhookでChatOps環境を作ってみます。 docs.api.ai 今回は、SlackのChatbotとやりとりし、「管理者モード開始」から「管理者モード終了」までのやりとりの間に操作コマンドを実行できるようにします。 インテントを用意する インテントは…

API.AIを試す

Slackのbotなどを作るときに、API.AIを使うと面白いか便利かもねという話を聞いたので試しています。 api.ai API.AIってどういうものか API.AIの概要は公式ドキュメントの説明がわかりやすいのでそちらを読むのをオススメします。 Introduction · API.AI 自…

bpmappers 0.9

bpmappersのバージョン0.9を公開しました。 pypi.python.org リポジトリはbeproud organization以下にありますが、権限を頂いて引き続きメンテナンスしています。 以前のバージョンでは、django.utilsにあったSortedDictとMultiValueDictをコピーして使って…

django-ftpserver 0.5.0

django-ftpserverのバージョンを0.5.0に上げました。 pypi.python.org pyftpdlibのFileSystemにDjangoのStorageAPIをつなげる機能を追加してみました。 StorageAPIとつなげると、面白そうだなーというのは前から考えてたんですが、StorageAPI側の機能が足り…

プログラミング学習サービスPyQの紹介

PyQというプログラミング学習サービスの紹介と宣伝です。 ↓ これ ↓ 以前、私が勤務していた株式会社ビープラウドが開発しています。 ビープラウドは、Python言語が得意でシステム開発をやってる会社です。connpassというイベントサイトの開発、運営もやって…

Kerberos認証とPython

Windowsで認証にActiveDirectoryを使っている環境だと、シングルサインオン(SSO)などやるときにKerberos認証を使いたいこともあるだろうということで調べていました。 他の認証方法はNTLMがあるけど、非推奨のようなのでKerberosのほうを調べることに。 Kerb…

AWS LambdaをPython3.6とChaliceで試す

AWS LambdaがようやくPython3に対応したそうなので試してました。 AWS Lambda Supports Python 3.6 Lambdaを使う際、Pythonランタイムだとchaliceというフレームワークを使うと楽なのですが、Python3サポートに合わせてchaliceもバージョンが上がっていまし…

Travis CIのmatrixでtoxを実行する

Djangoフレームワークに依存するPythonのモジュールを作っていると、複数のPythonバージョンと複数のDjangoバージョンでテストコードを実行する必要があります。 手元で実行する場合はtoxを使うのですが、CIツールでもテストを実行したいです。 Welcome to t…

Django 1.11がリリースされましたね

Djangoフレームワークの1.11がリリースされましたね。 Django 1.11 released | Weblog | Django 1.11はLTS(Long Term Support)バージョンです。メンテナンス期限はリリースから3年後までなので、2020年4月までになります。 1つ前のバージョン1.10のメンテナ…

SphinxでPDFをビルドするためのDockerイメージを作った

Sphinxでlatexpdfjaコマンドを使ってPDFをビルドするには、latexのインストールされた環境が必要になります。 Ubuntuだとtexlive-fullパッケージで必要なパッケージをインストールできるっぽいというのを把握しました。 texlive-fullは依存パッケージがたく…

dogpile.cacheでpickleシリアライズせずにRedisに値を保存する

Python用のキャッシュフレームワークでdogpile.cacheというモジュールがあります。 Welcome to dogpile.cache’s documentation! — dogpile.cache 0.6.2 documentation Redisに保存するバックエンドも提供されているんですが、そのまま使うと値はpickleシリア…

ThriftPy+gunicorn_thriftでRPCサーバーを動かす

ThriftPyを使って作ったサーバーを動かすのに、thriftpy本体が持ってるサーバークラスを使ってもいいのだけど、タイムアウト処理やマルチプロセス動作だとかやるのが少し面倒だなーと考えてました。 githubでサーバークラスを差し替えるpull requestを出して…

Procfileを扱う

Procfileというのを使ったのでメモを残す。 Procfileという名前のファイルを作って、アプリケーションの起動コマンドをまとめておくと、Procfileを扱うツールから簡単に実行できる。 Procfile: web: gunicorn -w 4 main:app 0.0.0.0:$PORT test: py.test . …

ThriftPyを使ってPythonでThriftのRPCを扱う

Python3でApache Thriftを扱うライブラリは無いか探してたところ、ThriftPyというのがあるらしいとわかったので試してました。 ThriftPy — ThriftPy 0.3.9 documentation ThriftPyは、ApacheThriftのPython版と比べると、PurePython実装(Cythonによるスピー…

Pythonでファイルディスクリプタをサブプロセスに渡す

Pythonのsubprocessモジュールでサブプロセスを実行するときに、親プロセス側で開いたファイルのファイルディスクリプタを渡す方法。 subprocess.Popenのpass_fds引数を指定すると、指定したファイルディスクリプタは閉じられないようだ。 試したPythonのバ…

pipでPythonパッケージのソースアーカイブをダウンロードする

PyPIに登録されているPythonパッケージのソースコードをダウンロードする際、毎回PyPIのページを開くのが面倒だなーと思ってたのだけど、pipでダウンロードできた。 pip download --no-binary :all: --no-deps <package> 参考 pip download — pip 8.1.2 documentation</package>

Raspberry Pi 2 Model B でPythonを使ってLチカ

Raspberry Piを買ったのはかなり前だったりするんですが、放置してたのを動かしてみました。 とりあえずはLチカ youtu.be コード main.py from RPi import GPIO import time def main(): GPIO.setmode(GPIO.BOARD) GPIO.setup(12, GPIO.OUT) try: state = Tr…

pyftpdlibを使って1ユーザー専用のFTPサーバーを作った

pyftpdlibを使って、1ユーザー専用のFTPサーバーを作ってました。 でかいデータの受け渡しなんかに使ったりするのにFTPサーバーがやっぱり便利なんで。 ついでにDockerを試したりしてた。 GitHub - tokibito/soloftpd: FTP server application. soloftpd 0.4…

DjangoのDeprecationWarningを確認する

Djangoフレームワークでは、APIが変更、廃止される場合には、次のバージョンですぐに変わってしまうのではなく、警告を上げた上で2つ先のバージョンで削除されることになっています。 Deprecation policy Pythonの組み込み例外であるDeprecationWarningを継…

cx_Oracleをマルチスレッドで使う

PythonでOracle Databaseに接続するには、cx_Oracleを使う。 マルチスレッド環境下でcx_Oracleを使う場合にハマったのでメモを残す。 Oracleのクライアントライブラリは、マルチスレッドで使う際には、OCI_THREADEDというモードで使わないといけないらしい。…

concurrent.futures.ThreadPoolExecutorを使ってみる

Python 3.2から追加されたconcurrent.futuresモジュール。 ThreadPoolExecutorを使うと、スレッドプールで処理を実行できる。 コード main.py import time import threading from concurrent.futures import ThreadPoolExecutor def spam(): for i in range(…

スレッドが終了するタイミングについて検証

Pythonでスレッドをしばらく使っていなくて、どういう動きするのだったか忘れてたので、検証したメモを残す。 試した環境は、Ubuntu 14.04、Python 3.5.1。 検証に使ったコード main.py: import threading import os import sys import time import signal d…

funkload-friendlyというモジュールを作りました

FunkLoadはPythonで作られたWebアプリケーション向けの負荷試験ツールです。 レポートがわかりやすいので、負荷試験の際によく利用してます。 便利ではあるのですが、いくつか使いづらい点があったので、funkload-friendlyというラッパーモジュールを作りま…

テンプレートからプロジェクトを生成できるcookiecutterを試す

cookiecutterは、テンプレート(雛形となるファイル群)を元に、プロジェクトファイル(ディレクトリやファイル)を生成できるコマンドラインツール。 Pythonで作られている。 GitHub - audreyr/cookiecutter: A command-line utility that creates projects fro…

unittest.mock.patchの使用例

Pythonの標準ライブラリに含まれるunittest.mockモジュールの使い方メモ。patchのみ。 試したバージョンは、Python 3.5 テスト対象 main.py import subprocess def say(message): """echoコマンドでmessageを実行する """ return subprocess.call(['echo', m…

Djangoで複数のデータベースを使う際に、モデルごとに使われるデータベース名を取得する

Djangoで複数のデータベースを使う際に、データベースルーター(Database router)を設定すると、モデル毎にデータベースを切り替えたりできます。 Multiple databases | Django documentation | Django データベースルーターが設定されている場合に、アプリケ…

復数のレコードをまとめて更新する際にdjango-bulk-updateが便利

既存の復数のレコードをまとめて更新する際にdjango-bulk-updateというパッケージが便利だったので紹介します。 GitHub - aykut/django-bulk-update: Bulk update using one query over Django ORM 通常のDjangoのORMを使ったレコードの更新 Djangoで既存の…

jedi-vimのrpcフォークをWindowsで使ってみた

メモ書き。jedi-vimのjedi部分をRPCで動かすforkを@nakamurayが作ってくれたのでWindowsで動かしてみてた。 https://github.com/nakamuray/jedi-vim/tree/rpc https://github.com/nakamuray/jedi-vim/tree/rpc2 そのままではWindowsで動かなかったので、手元…

dulwichを使ってPythonでGitのカスタムコマンドを作る

Gitのコマンドがわかりづらくて好きになれないんですが、気に入らない部分はカスタムコマンドを作ればいいよね。 ということで方法を調べてました。 カスタムコマンドの作り方 Gitのカスタムコマンドは、「git-コマンド名」のような実行可能ファイルを用意し…