読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

unittest.mock.patchの使用例

Pythonの標準ライブラリに含まれるunittest.mockモジュールの使い方メモ。patchのみ。
試したバージョンは、Python 3.5

テスト対象

main.py

import subprocess


def say(message):
    """echoコマンドでmessageを実行する
    """
    return subprocess.call(['echo', message])


def say_hello(somebody):
    """「Hello, {somebody}!」と画面に表示する関数
    """
    message = "Hello, {}!".format(somebody)
    return say(message)


if __name__ == '__main__':
    say_hello("tokibito")

実行すると次のようになる。

$ python main.py
Hello, tokibito!

テストコード

test_main.py

from unittest import TestCase, mock


class SayHelloTest(TestCase):
    """say_hello関数のテスト
    """
    def _get_target(self):
        from main import say_hello as target
        return target

    def _callFUT(self, *args, **kwargs):
        return self._get_target()(*args, **kwargs)

    def test_somebody(self):
        """somebody引数が使われていることを確認するテスト
        """
        with mock.patch('main.say', return_value=0) as patcher:
            result = self._callFUT("Spam")
            self.assertEqual(result, 0, "正常な終了コードになること")
            # somebody引数が使われたメッセージを指定して
            # say関数を実行していること
            patcher.assert_called_with("Hello, Spam!")