読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緯度経度をUTM図法の座標に変換する

Python

Pythonで緯度経度をユニバーサル横メルカトル図法(UTM図法)の座標に変換するには、PyProjを使う。
pyproj 1.9.5.1 : Python Package Index
UTM図法の座標がわかれば、2地点間の距離を求めたりするのが簡単になる。

インストール

pipやeasy_installでインストールできる。C拡張なのでpython-devなどのパッケージをあらかじめインストールしておく必要がある。

main.py

# coding: utf-8
from pyproj import Proj


def main():
    # 代々木駅の緯度経度
    lat = 35.6830905
    lon = 139.70222620000004
    # UTMゾーン番号54のWGS84->UTMのコンバータを生成
    convertor = Proj(proj='utm', zone=54, ellps='WGS84')
    x, y = convertor(lon, lat)
    print "x = %s" % x
    print "y = %s" % y


if __name__ == '__main__':
    main()

実行結果

単位はメートル。

$ python main.py
x = 382565.320549
y = 3949575.3396