読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PyGTKで複数のウィジェットをまとめて再利用できるクラスを作る

Python PyGTK

GUIアプリケーションでも再利用可能な部品を作ることは大切です。
PyGTKで複数のウィジェットを組み合わせて、再利用できるクラスを作ってみました。
FileReferenceは、テキストボックスとファイル参照ダイアログを組み合わせた部品です。

gtk_group.py

# coding: utf-8
import os
import pygtk
pygtk.require('2.0')
import gtk


class FileReference(object):
    def __init__(self, parent_window=None):
        # 親ウィンドウ
        self.parent_window = parent_window
        # テキストボックス
        self.entry = gtk.Entry()
        # 参照ボタン
        self.button = gtk.Button("...")
        self.button.connect('clicked', self.on_button_click)
        # ダイアログ
        self.dialog = gtk.FileChooserDialog(u"Select file", self.parent_window,
            buttons=(
                gtk.STOCK_CANCEL, gtk.RESPONSE_CANCEL,
                gtk.STOCK_OPEN, gtk.RESPONSE_OK))
        self.dialog.set_default_response(gtk.RESPONSE_OK)
        self.filefilter = gtk.FileFilter()
        self.filefilter.set_name(u"テキストファイル")
        self.filefilter.add_pattern("*.txt")
        self.dialog.add_filter(self.filefilter)

        # レイアウト用ボックス
        self.hbox = gtk.HBox()
        self.hbox.add(self.entry)
        self.hbox.add(self.button)

    def browse(self):
        """ファイル選択ダイアログを開く
        """
        # 現在のパスが有効であればダイアログに設定
        current = self.get_filename()
        if os.path.exists(current):
            self.dialog.set_filename(current)
        # ダイアログを開く
        response = self.dialog.run()
        # OKなら更新
        if response == gtk.RESPONSE_OK:
            filename = self.dialog.get_filename()
            self.set_filename(filename)
        self.dialog.hide()

    def get_filename(self):
        """ファイルパスを返す
        """
        return self.entry.get_text()

    def set_filename(self, filename):
        """ファイルパスを更新
        """
        self.entry.set_text(filename)

    def on_button_click(self, widget):
        """ボタンクリック時イベント
        """
        self.browse()


class MyApp(object):
    def __init__(self):
        self.window = gtk.Window()

        # FileReferenceのリスト
        self.filereferences = []
        for i in range(3):
            self.filereferences.append(FileReference(self.window))

        # OKボタン
        self.button_ok = gtk.Button('OK')
        self.button_ok.connect('clicked', self.on_button_ok_clicked)

        # レイアウト用ボックス
        self.vbox = gtk.VBox()
        for obj in self.filereferences:
            self.vbox.add(obj.hbox)
        self.vbox.add(self.button_ok)

        self.window.add(self.vbox)
        self.window.connect('delete-event', self.on_delete_event)

    def on_delete_event(self, window, event):
        """ウィンドウ閉じる
        """
        gtk.main_quit()
        return False

    def on_button_ok_clicked(self, widget):
        """ボタンクリック
        """
        filenames = '\n'.join(obj.get_filename() for obj in self.filereferences)
        self.messagebox(u'入力内容は\n%s\nです。' % filenames)

    def messagebox(self, text):
        """メッセージボックス
        """
        dialog = gtk.MessageDialog(
            self.window,
            gtk.DIALOG_MODAL,
            gtk.MESSAGE_INFO,
            gtk.BUTTONS_OK,
            text,
        )
        dialog.run()
        dialog.destroy()

    def main(self):
        # 画面を表示してメインループに入る
        self.window.show_all()
        gtk.main()


if __name__ == '__main__':
    app = MyApp()
    app.main()

継承元のクラスをContainerにするか悩んだけれど、とりあえずobjectでも問題無さそうなので、objectを使っています。

実行結果

$ python gtk_group.py