読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHaserっていうプログラミングコンテスト用のPythonクライアントをPyPIに置いた

Python

全国情報技術教育研究会という主に工業高校が会員になってる組織があって、そこが高校生向けにプログラミングコンテストを毎年やってる。
CHaser2012 - 全国情報技術教育研究会
コンテスト用のサーバープログラムを動かして、そこに2チームがクライアントプログラムで接続し、赤(Hot)と青(cool)のコマを動かして競うゲーム。
Javaのクライアントがあらかじめ提供されているが、TCP接続でプロトコル仕様が公開されているので、別の言語でもクライアントを実装できる。
3年ほど前だけど、なかなかおもしろかったので、自分でもPython用のクライアントを書いて少し遊んだりしていた。
最近、大学の後輩からCHaserを動かしてみてるって聞いたので、久しぶりに掘り起こしてきた。
2012のサーバーでも問題なく動いてた。

使う人がいないかもしれないが、パッケージの構成を整えてPyPIに置いといた。
nullpobug.chaser 0.1 : Python Package Index